大分県竹田市で川遊び☆天然水ウォータースライダーがある「中島公園名水河川プール」


<大分の観光&おでかけスポット>
本日は竹田市「中島公園名水河川プール」のご紹介!


竹田市街地を縫うように進んだと思ったらそこから急に山あいの道に入り進むこと5~10分。
田舎の風景の中に竹田市「中島公園名水河川プール」が現れました!

ちなみにこの竹田市「中島公園名水河川プール」から徒歩2分の所には、お水を汲めることでよく知られている「河宇田湧水」があります。

それでは竹田市「中島公園名水河川プール」のご紹介です☆

「中島公園名水河川プール」には誰でも利用できるちょうど良いウォータースライダーがある!


「中島公園名水河川プール」の名物といえば、年齢や身長制限のない、誰もが利用できるウォータースライダーですね!
浮き輪に乗ってすべる人もいますが、お尻のまま滑っても全く痛くありません。

Sponsored Link

ただこの水は山から流れてきた飲めるほどの澄んだ水で、とにかく冷たい(笑)!!
順番待ちの時にはかなり冷えます(笑)

ウォータースライダーだけでなく「中島公園名水河川プール」はとにかく水が冷たい!!
なので35度を超えるような猛暑日でも、水に入れば爽快です!

竹田市「中島公園名水河川プール」は更衣室もシャワーもあって利用料無料!

この「中島公園名水河川プール」、利用料は無料です!
ただ、駐車場は1日300円かかります。

更衣室やシャワーの設備もあって利用料無料とは嬉しいですね。
コインロッカーもありました。

貴重品を車に置きっぱなしにしないで良いのは安心ですね。

オムツ替えシートについては確認をしていないのですが現地はこんな感じで広いので野外でオムツ替えをしても何の問題もなさそうです。

休日の「中島公園名水河川プール」の駐車場は満車!

「中島公園名水河川プール」は大人気の河川プールなため、休日には駐車場が満車になってしまいます!
でも係の方がいますので、誘導の指示に従ってくださいね。

駐車料金は1日300円。

【 駐車場を利用する時の注意点 】
こちらの駐車場AとBは17時には施錠されます。
なので17時すぎても遊ぶ方は一番川に近い駐車場「駐車場C」に停めましょう。

【 駐車場C 】

17時前になると拡声器で駐車場のスタッフさんによるアナウンスがあるので、施錠される駐車場に停めた方は駐車場Cに停め直してくださいね!
17時を過ぎても何台か車が残っていて、係の方は施錠できずに困っていました。
ご協力をお願いします☆

中島公園名水河川プールは河川プールだけど上流側には飛び込みもできて泳げる深みがある!


「中島公園名水河川プール」は河川プールとは言えども少し上流の方に歩いて行けば飛込ができるような深みがあります。ロープも木から吊るされてあったので、ターザンのようにぶらさがって遊んでいた子どもたちもいました☆
「ちゃんと泳ぎたい」という人はこちらへどうぞ。
水もきれいで気持ち良く、泳ぎやすかったですよ!

「中島公園名水河川プール」には売店がある☆


「中島公園名水河川プール」にはやきそば、たこやき、唐揚げ、かき氷などが売ってある売店が出ていました。
隣には魚とりの網やバケツも置いてあったので多分これも売り物なのでしょう!
やきそばをいただきましたが、おいしかったです(^^)

売店は川のそばと、道の方に出た所にもひとつありました。

「中島公園名水河川プール」の周辺にはお店はないよ!

「中島公園名水河川プール」の近くにスーパーやコンビニはありません。
一番近いのは竹田のマルショクさんでしょうか?ここから車で10分ほどかかります。
おやつなどの必要なものは現地に乗り込む前に調達しておきましょう。

「中島公園名水河川プール」ではペットの遊泳はできません


「中島公園名水河川プール」ではペットの遊泳はできません。
「泳がせる場合は人のいないところで・・・」とのことです。
河川プールを中洲の方に上がるとその裏側にも降りられるようになっています。
ペットの遊泳はそちらでさせると良さそうです。
また、河川プールから下流に下ったところでも大丈夫そうでした。

「中島公園名水河川プール」のまとめ

☆ 駐車場は1日300円
☆ 近隣にス―パーやコンビニは無し
☆ ペットの遊泳はできません
☆ ウォータースライダーは年齢制限なし、ただし激冷たい
☆ 上流には深みもあり
☆ 更衣室&シャワー&コインロッカーあり
☆ 売店あり

【 中島公園名水河川プール 】
〒878-0033 大分県竹田市入田

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です