熊本県人吉へ観光する時にオススメの宿☆「ブルートレインたらぎ」

<大分の観光&おでかけスポット>

本日は番外編のご紹介!

熊本県多良木町にある「ブルートレインたらぎ」というお宿のご紹介です☆

筆者は11月下旬に人吉に観光に行きました。

Sponsored Link

「素泊まりで良いので子どもと泊まれる安い宿を…」ということでじゃらんnetさんで検索していたら出てきたのが、この「ブルートレインたらぎ」でした!

2008年に引退した寝台特急「はやぶさ」を3両買い取って宿として利用しているのです。

私が宿泊したのは11月下旬の平日でした。
3号車は個室エリア、1号車は開放型(4人分用のブースがずらりと並んでいるやつですね)です。

2号車はフロントや食堂となっています。

フロントです。現金払いのみ対応しています!
ネットで予約した方も、ネットでのお支払いはできないので当日こちらで料金をお支払いくださいね~。

 ☆「ブルートレインたらぎ」の宿泊予約はこちらからできます☆
 じゃらんnet

なんとなんと、有名お笑い芸人さんたちも来ていたようで、その他有名人の方のサインも並んでありました!

ブルートレインたらぎに泊まる時に持っておくと良いもの

☆ タオル(!)バスタオル・フェイスタオルはセルフで準備を!)
☆ 寝巻(浴衣などはありません)
☆ 現金(お支払いは現金のみです)
☆ お風呂セット(入浴は徒歩1分のところにある温泉施設で!)
※その他のちほど追記します

4人用開放型のブースにもコンセントがちゃんとありました。
スマホ、カメラなどの充電には困りません。

「ブルートレインたらぎ」は素泊まりの宿。食事はどうする?

近隣のお店に食べに行く・飲みに行く人もいれば、徒歩3分の場所にコンビニもあるのでそちらで調達したり。

私は、勝手に「山の中だ~」と思い込んでいたので、人吉でしっかり食糧を買い込んできたのですが、通りを1本越えると意外と街でした(笑)

車で5分くらいのところには少し遅くまで開いているドラッグストア(ドラッグストアモリ)もあったので、ちょっとした緊急時にも買い出しに行けば良いので安心です。

「ブルートレインたらぎ」の開放型の客室とは?

この日は開放型スペースは私たち親子のみ。

車内はしーんとしていましたが、休日はきっともう少し賑やかいのでしょう(^^)
時々、個室に宿泊しているお客さんが「見学」に来られていました。

子どもは初めての寝台列車に大喜びでした。
2段ベッドに上ってホクホク笑顔な6歳男児でした(笑)

ただ、2階で寝ると落っこちた人もいらたしく、子どもは特に1階で寝てくださいねとのことでした。
子どもはすんなり納得。
1階でも十分満足していたようです。

「ブルートレインたらぎ」は今でこそ「宿」となっていますが、ちゃんと電車のにおいがしていて、内装はほとんどそのままなので昭和な香りがプンプンでした。

ただ、お手洗いは新設しているのでとてもキレイです。これはまた嬉しいものです。

ブルートレインたらぎの目の前には電気自動車の充電施設もありました。

※その他もう少し整理して、写真も載せてお伝えしたいと思います!取り急ぎ荒い(?)ご紹介まで!

「ブルートレインたらぎ」の宿泊予約はこちらからできます☆
 検索窓に「ブルートレイン」と入力して検索すれば一発でヒットします(^^)
 じゃらんnet

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です