川の中の無料露天風呂!長湯温泉にある「ガニ湯」に入ってみた☆(竹田市直入)

<大分の観光&おでかけスポット>
本日は大分県竹田市直入町にある長湯温泉「ガニ湯」のご紹介!

長湯温泉 ガニ湯
〒878-0402 大分県竹田市直入町大字長湯
【 定休日 】 年中無休
【 料金 】 無料
【 駐車場 】 無料

大分県内には無料で入れる露天風呂がいくつかあるのですが、ここもそんな温泉のうちの一つ。

ただ、ほかと違うのはかなり開放的なロケーションにあるという点!

Sponsored Link

入浴していると、通り過ぎる車に乗っている人は「!?」という感じで二度見をしたり、スピードを落としてのぞき込んだり、「写真撮っても良いですか?」なんて声をかけられたり(笑)

お風呂に入っているだけなのにとても興味津々に見られちゃう温泉です。

ガニ湯には駐車場や脱衣所はある?

駐車場はガニ湯から徒歩30秒のところにあるこちらの施設に停めさせていただけるようです。

看板が立ってあるのでこちらから階段を下ります。

脱衣所は橋の下です。
一応つい立みたいなものがあったようですが、増水した時に流されたのでしょうか。
筆者が訪れた時にはありませんでした~Σ(・□・;)ギョエーーーー笑

なので、プールの着替えの時に使う巻けるバスタオルなどを利用すると良いと思います。

また、水着着用可ですので勇気が出ない人は水着を着てもOKですよ!

でも水着着用だと、このガニ湯に入る意義が8割ダウンするような気がするので、ぜひすっぽんぽんで入ってみてくださいね(笑)

ガニ湯って覗かれる?恥ずかしくない?

こんなに開放的な温泉なので、もちろん覗こうと思えばいつでもだれでも覗くことができます。
(入っているのはうちの子です)

ですが実際にがっつり覗いてくるのは地元の男の子たちくらいでしょうか(笑)

あとは近隣の温泉に入りに来た観光客の方が

「おっ!?」

みたいな感じでちょっとこちらを気にしつつ、驚いたり珍しがったりする表情で通り過ぎていく感じです(笑)

ちなみに温泉の上の道路にはガードレールがあるので、お風呂に浸かっていればちょうど車からは目隠しのような感じになります。

完全な目隠しにはなりませんが、気分的にちょっと安心(?)できます。

両サイドには旅館が立ち並んでいるので旅館のスタッフさんたちが歩いていることもありますが、地元の方にとっては見慣れた光景なのか特にこちらを気に留める様子もありませんでした。

「恥ずかしくないか?」

については個人の感じ方次第かと思いますが、筆者は

「お尻くらいなら見られてもいいわ。逆に見苦しくてすいません。」

な感じだったので、特に恥ずかしいとは思いませんでした。

お湯も透明ではなく濁っているので湯船に入っているうちは気楽です。

長湯温泉「ガニ湯」のお湯の温度はどのくらい?

全体的に温度がぬるめの長湯温泉ですが、この「ガニ湯」のお湯の温度もぬるいです。
(冬場は多分とても寒いと思います!!)

筆者は5月上旬の少し涼しい夕方に入りましたが、しっかり温まれるほどの湯温ではなかったので上がった時に寒かったです。

ちなみにこちらの湯船は「1週間に2回清掃をしています」とのことでした。

お湯が濁っているのは、泉質のせいですのでご安心ください。
(長湯温泉のお湯は色がついているものがほとんどのようです)

長湯温泉「ガニ湯」の魅力とは?

☆ 解放感がある!
☆ ネタになる!(自慢できる)
☆ 小さい子は川でも遊べる!
☆ 入湯料が無料!
☆ 空いている!

ほかにも、お風呂からあがったあとには河原を散歩することもできます(^^)

この「ガニ湯」にすっぽんぽんで入ったことがある人って少ないと思うので、

「旅の思い出に!」
「人生の思い出に!」

ぜひあなたも一度チャレンジしてみてくださいね☆

【 大分県竹田市直入長湯 ガニ湯 】

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です