国東半島にある「行入寺(ぎょうにゅうじ)」と「千の岩」とは…!?

<大分の観光&おでかけスポット>
本日は「行入寺」と「千の岩」のご紹介!

〒873-0524 大分県国東市国東町横手4728

大分県の国東半島にある「行入寺(ぎょうにゅうじ)」は、行入ダムのすぐそばにあるお寺です。

今回、筆者はこの行入寺の裏手の山にある「千の岩」を目指して入山しました☆

Sponsored Link

ということで、主に「千の岩」についてレポートします!

※パソコンで見る写真が小さくて細部を確認したい場合は、マウスの「人差し指でコロコロする部分」を「Ctrl(コントロール)キー」を押しながらコロコロすると拡大して見ることができます!

国東半島にある「千の岩」って何??

国東半島といえば「お寺」そして六郷満山

(なんて言っているけれど六郷満山とは何を指すのかは筆者わかっておらず)

なんとなく、お寺があって、山で修業をする、というイメージがありますよね。

(・・・なんて貧相な知識なんだ・・・っ!)

で、

「千の岩」って何?岩が千個あるの(・∀・)??

って思っちゃうかと思いますが、「千の岩」の魅力がよく伝わる素敵な写真があったので引用させていただきたいと思います。


【 画像引用 】 http://ooitanoyama.in.coocan.jp/sub3974.html

ここが「千の岩」なんですね~!

「万の岩」というのもあるみたいですが、今回は「千の岩」のみでお許しくださいませ!

さて、ここに今から登りますよ~~!

「千の岩」駐車場はある?周辺ロケーションはどう?

「千の岩」には駐車場があります。

行入ダムの駐車場と、行入寺の駐車場とどちらも利用して良さそうです。

そしてそうなんです。

ダムがあるんです~~!

ダムに近づいてみましょうね。ワクワク♪

コンパクトですが本格的なダムですよね~!

かなり近づけますよ☆

お手洗いもちゃんとあって安心です。
筆者は2回利用しましたよ(笑)

ダムにも近づき、お手洗いも済ませ、さて入山です!

「千の岩」の登山道はかなり険しい!?

千の岩までは片道30分くらいかかったような気がします。

と、と、とにかく険しい・・・(ていうか傾斜が急Σ( ̄ロ ̄;)

の、前に順を追って入山方法をご説明します。

まずはこっちへ。


お寺です。ジャーン。

おーっと、こんな所進入して良いのかい!?お、おじゃましまーす…(キョロキョロ)


てな所を通過します。

そしてまたビックリ!

でーーーーん。獣害対策かな?
進入OKですが、

イノシシに突進してこられたら勝てる気がしない…(;^ω^)

とはちょっと思いましたね。

登山道はこんな感じ☆

「危険」という標識がありますが、この標識がない所でも何か所もに危険ポイントがあります。
気を付けて登ってくださいね!
危険な個所があるのは確かですが、登山靴を履くまでもなくスニーカーでも大丈夫です。

(でも登山靴だったらもっと歩きやすいでしょうね)

千の岩のてっぺん(?)に到着ですよ~!!

景色は特に絶景というわけでもなく「あ、こんな感じなのね~…」といった感じでした(笑)
さっきのダムが見えますね!

「千の岩」からの眺めはそれほど「素敵な景色」というわけではないですが、「千の岩に登ったぞ!」という達成感みたいなものはたしかにありました(^^)

国東半島にある「千の岩」まとめ

ダムが近くにあり、とてものどかな場所です。
ただ、国東半島の真ん中なのでお店などはありません。
下山後もすぐに食事にありつける環境ではないので、おなかが減った時のために食料は持参しておくことをオススメします!

以上、国東半島にある「行入寺」と「千の岩」のご紹介でした☆

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です