大分の川遊びスポット 九重「龍門の滝」


所在地:〒879-4632 大分県玖珠郡九重町大字松木

< 大分の観光スポット >

今日は大分県玖珠郡九重町にある「龍門の滝」のご紹介!

今回私は大分方面からやってきて九重ICで降り、国道210号線に一旦出て右折をし、表示に従って「九重ふるさと館」のところから右折しました。

こんな道をずんずん進むこと7.5kmで「龍門の滝」に到着するそうです。

途中まさかの雨が降ってきて「がーん」と思っていたところ、ふたたび標識が。道は合ってますね。道なりなので、迷うことはないと思いますが^^

Sponsored Link

到着です~!

駐車料金400円(時間制限なし)です。ここのほかにも駐車場はあります。係の方が誘導してくれます。
この日は天気が良くなかったので空車でしたが、シーズン中のお天気の良い日は満車になることもあります。

駐車場の横に自動販売機その①がありました。

龍門の滝周辺の駐車料金は400円ですが、しかし!
売店前の駐車スペースは無料ですよ~~

この、売店の前のスペースですね。

滝に一番近いし無料だし…ということで、やはり満車でした。

しかし一度ぐるりと見て回ってみるのも良いかと思います。
ただし、人が多く、そう広くもないのでくれぐれもお気をつけくださいね。

さて、車を停めて滝へGOです。
おやおや~。お風呂があるのですね。

ランチも豪華そうですね~~

滝への道の入り口に自動販売機その②があります。この自販機が滝から一番近い販売機です。

「滝まで50M」の地点で分かれ道です「車椅子の方は左」とあり、坂を登るのは大変ですが左の方が広いので推奨されているのでしょうね。右の道はご覧のとおり、車椅子がやっと通れるくらいの道幅しか舗装されていません。

途中、下にバンガローが見えました。

バンガローの利用についての看板があったのでご参考までに。

道中、お手洗いもありました。洋式です。身体障害者用トイレとおむつ換えシートは確認できませんでした。

鐘つき堂のところで私は直進したのですが、実はここを右に入ると道も良く、少し近かったです。

さて橋を渡っていよいよ滝に到着ですよ~

・・・の前に、橋を渡ると「婦人会」と書かれた売店がありました。そしてお手洗いは売店の奥にある建物です。
コインロッカーもありました。便利ですね。

売店の隣には「食事処」と書かれた、テーブル&椅子が並べられたスペースがありました。(手前にある屋根つきの小屋です)

滝周辺は広々としていますが、日陰がありません。やっぱり、テントがあると便利ですね。

滝の全景はこんな感じです。この日はお天気が良くなかったので人が少なかったですが、普段はけっこう賑わって、混み合っているんですよ~。

向かって左側が「滝すべりコース」ですね。

向かって右側は「淵でまったりスポット」ですね。

実際に滝滑りをした人の口コミでは

「滝すべりができる有名な滝ですが岩場ですのでマリンシューズ等できちんとした創部で滑らないとけがをします」

とあったので、ある程度の装備が必要みたいですね。

現地ではヘルメットの貸出をしているとかなんとか。
(無料で、とのことですがこのあたり筆者自身で確認は取れておらずすみません)

注意書きを守って、安全に遊びましょうね^^

ところでみなさん立派な浮き輪を持っているなあと思ったら、どうやら駐車場の売店でレンタルできるそうです。

浮き輪のレンタル料は1,000円ですが、返却時に半額返金されるとのことなので実質500円で利用することができます。

こんな「滝すべりボード」もありましたよ~。こちらも返却時に半額返金ですね。
しかし滑っている人を見た印象としては、浮き輪を使っている人の方がするすると滑りやすそうでした。

ちなみに、駐車場の売店メニューはこんな感じです。ソフトクリームやジュース、お土産品も売ってありました。

決まりを守って、楽しい滝すべりの思い出を作ってくださいね☆
以上、大分県九重町にある「龍門の滝」についてのご紹介でした。

「龍門の滝」まとめ
・ 駐車場は無料と有料(400円)の両方有
・ 浮き輪や滝すべりボードのレンタル有
・ 売店は駐車場と滝の横の2箇所
・ 更衣室はありません
・ 周辺にコンビニなどはありません

【 他にも探す 】 大分の川遊びスポットずらり一覧☆

大分県玖珠郡九重町 「龍門の滝」

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です