九重”夢”大吊橋(中村ゲート側より)

<大分の観光&おでかけスポット>
本日は「九重夢”夢”大吊橋」のご紹介!

筆者が訪れたのは9月上旬の日曜日の9時頃。
時間が早かったせいか、吊橋の上はごったがえすことなくゆとりをもって回りの景色を楽しみながら渡ることができました。

☆「九重”夢”大吊橋」へのアクセス☆
湯布院方面からのアクセスをご紹介。
水分(みずわけ)峠国道210号線を日田方面に走ります。
水分峠を降りてローソンさんを過ぎたら間もなくこのようなしっかりと表示がありますので、左折をしてくださいね。

山道をずんずん進みます。

Sponsored Link

途中、桂茶屋さんがあります。こちらは「九酔渓(きゅうすいけい)」といって紅葉の名所でもあります。

紅葉シーズンはもちろんですが、紅葉シーズン以外でも展望所からの景色はとてもきれいですので、お時間があればお立ち寄りしてはいかがでしょうか^^
九酔渓についてはこちらでご紹介しています。(準備中)

さてさて、国道210号線から左折して、15分くらいでしょうか。九重”夢”大吊橋(中村ゲート)に到着~!!

駐車場は広々~~です^^早い時刻でしたが観光バスもすでに数台。

☆ではチケットを購入して中村ゲートより吊橋へレッツGO!☆

券売所でチケット(中学生以上500円・小学生200円・小学生未満無料)を購入しましょう。

チケットの写真がとても素敵です。一緒に行った妹と取り合いに…はならず、妹が姉の希望を聞いてくれ、筆者は紅葉の写真の方をGetしました(笑)(しか雪景色の写真も圧巻です。)

滝の展望所もあるようですが、ぼんやりしていてこちらには行きませんでした・・・!

いざ!九重”夢”大吊橋へ(≧∇≦)ワクワク

その前に、吊橋を安全に渡るにあたっての注意事項がありますので、ご確認くださいね。

ものすごいエネルギーがかかっているであろうこのワイヤーたちを見て興奮してしまいます。

橋から見える景色に、心がすっとなります。緑がきれいです。

下を覗きたくなっちゃうんだな(笑)
覗きたい方!スマホやカメラ、アクセサリーなど物を落とさないように十分ご注意くださいね!!

お~!「スリルスポット」とは…ふむふむ。足元を見るのね…きゃーーー(≧∇≦)

このスリルスポット、写真では魅力が伝わらないのでぜひ現地で体感していただきたいと思います(*^^*)

☆北方ゲートに到着したら・・・北方ゲートの楽しみ方☆
橋を渡り終えて北方ゲートに到着です。
再入場ができるので、ここで引き返さないでぜひ一旦ゲートを出てみましょう。

北方ゲート側にも売店やお手洗い(多目的トイレあり)がありますのでご安心ください。

展望台と神社があるということなので、行ってみました。ここからは筆者も初潜入です。

階段は写真に写っている分だけですので、ぜひ上がってみてくださいね。
車いすの方は、少し大回りにはなりますが車道を通って展望台まで行くことができます。

到着です。北方ゲートから徒歩3分です。

静かな雰囲気の気持ちの良い神社でした。おみくじも引けますよ~

だ!大吉ってすごいやん~!(こういうことくらい自慢してもいいですか?)

ここから見える吊橋も、とってもきれいでした^^

では、北方ゲート側も楽しんだところで、再入場して中村ゲート側へ戻ります。
実は橋の上からは2つの滝が見えるのです。写真に撮るとちっちゃい感じになってしまいますが、写真右手の太い「振動の滝」は、ドドドという水音を吊橋の所からも聞くことができました。

☆九重”夢”大吊橋でのお食事やお土産のお買い物☆
さて、中村ゲートに戻って来ました。
実は、中村ゲートから端に入場した時に写真を撮っていただいたのですが、それが「渡橋証明書」となって、戻ってきた時に手渡されました。(ワーーーイ☆)
この日は「証明書は無料です」と渡されましたが、ほかの方の口コミなどを見るとタイミングによっては有料なのかもしれません。同じものを大きな写真として販売していました。たしか1,000円くらいだったと記憶していますが、きれいに撮ってくださっていたので、せっかく撮ってもらったお写真、みなさんも一度しっかり見てみてくださいね^^

では、お土産を買ったりご飯を食べたりしましょうかね~。

お土産はこちらの「天空館1号店」さんでお菓子やキーホルダーをはじめ、豊富な種類のお土産を選ぶことができました。新鮮お野菜・果物も売ってあるんですよ~。

ところで「1号店」というからには「2号店」があるの?
って思いますよね。そうです「天空館2号店」さんはこの同じ並びの30秒ほど歩いた先にあります。

こちらの2号店の方はイートイン・テイクアウトどちらも可能で、九重”夢”大吊橋ならではのメニューが興味深いです。

筆者はこの日はまた10時頃だったということもあり、「ブルーベリーサンデー」を注文。

けっっっこう、おいしかったですっ(≧∇≦)

あ、そういえばさっき天空館1号店さんでブルーベリーも買ったんやったわ。忘れちょったわ。

※「やまなみハイウェイ」の方まで足をのばせばお食事処がいろいろとあります
九州一のドライブルート「やまなみハイウェイ」のランチスポット

☆「九重”夢”大吊橋」その他もろもろ☆

ところで、駐車場の入り口にこんなかわいらしい建物がぽつんとあったので見に行ってみました。

バス停でした~

そして開演時間はこのとおりです。

そして九重”夢”大吊橋のうれしい所は、お店やお手洗い、観光案内所などが、ゲートの入り口までず~っと屋根つき通路で繋がっている所です。



通路にはテーブルやベンチなどがたくさん用意されており、橋を渡って休憩をしながら談笑するお客さんたちの姿が目につきました。

ちなみに「私は高所恐怖症なので渡れない」という方、大丈夫です。
高所恐怖症の方が「帰りは慣れた」と話していましたので(笑)

とはいってもご自分の体調などど相談をして無理のないよう楽しく渡ってくださいね!

大分県玖珠郡九重町にある「九重”夢”大吊橋」のご紹介でした☆

「九重”夢”大吊橋」:〒879-4911大分県玖珠郡九重町田野1208

☆九重”夢”大吊橋とあわせて湯布院を楽しみたい方はこちらの記事もご参考ください。
 → 湯布院の散策ルートおすすめ2コース☆

☆「九重夢大吊橋」を観光するにはレンタカーの利用がとっても便利!
「大分の旅行を満喫するならレンタカーが必須!」

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です